べにふうき

べにふうきは国産の紅茶用品種として開発されましたが、べにふうきから発見されましたメチル化カテキンに抗アレルギー作用があるとのことで、一躍有名になった品種です。名前の通り、新芽の先が鮮やかな紅色に染まリマス。紅茶用品種ということもあり、紅茶にすると香り・味ともに非常に優秀な品種です。緑茶としては渋みが目立ちますが、特徴的な華やかな香りはべにふうき特有のものとして香りを楽しむお茶としても大人気の品種です。